舌による口臭原因

舌は口臭を引き起こす原因になるんです。
MENU

舌が口臭の原因に!

 

 

口臭が気になっている人の6割以上の原因は
舌により発生しているともいわれています。

 

舌の表面の構造は粘膜の小さな突起(舌乳頭)が
舌全体に広がっておりヒダ状となっています。

 

つまり凸凹しているところに
食べたものの残骸であるとか、口腔内細菌、
古い上皮粘膜といったものがくっつきやすくなっています。

 

そういった汚れが蓄積されていくで視覚的にも
舌の上が真っ白になっていくことを’’舌苔’’と呼びます。

 

舌苔は食べかす(栄養源)と細菌が共存しているわけなので
それだけで口臭の原因になってしまう恐ろしいものです。

 

 

ただ、舌苔は口臭の無い人でも多少はあるもの。
むしろ、全くないのは逆に舌の免疫的に危険なのですが、
様々な要因で急激に増えやすくなることがあります。

 

特に最も影響の大きいのは
唾液の分泌量が減ってしまうことです。

 

唾液が十分に循環していていることで
自然と舌苔は付きにくくなるからです。

 

 

そして、唾液の量を減らす要因もたくさん
私達の生活の中には隠れています。

 

 

例えば、ちょっとしたストレスであるとか、
睡眠が不足しがち、食事の栄養バランスが悪い・・・などなど

 

そういった生活習慣に関わることで
唾液が減る⇒舌苔ができる⇒口臭発生

 

となってしまいます。

 

このページの先頭へ
小さなサーカス